一人暮らしの朝ごはん3つのコツ

スポンサーリンク

こんにちは。

一人暮らしなので自炊してるのですが、それほどマメではないので毎日3食作る事はあまりないです。でも3食のうちで一番朝ごはんが好きなので、朝は必ず準備して食べてます。
どんな朝ごはんかと言うと、パンが好きなのでいつもパン食。そしてサラダと卵料理とタンパク質でメインのおかず。そしてシリアル入りヨーグルトとドリンクという品揃えです。150926これが今日の朝ごはん。

朝ごはんは決めてしまえば準備がラク。

だいたいいつもこんな感じですが、パターンを決めておけば準備がラクです。朝ごはんのいいところは毎日同じものを食べても飽きないところ。お昼ごはんや晩ごはんだと同じものが続くと飽きてきてしまいますが、朝はなぜだか飽きてこない。だから毎日自炊が続けやすいのもあります。ただいちおう決まりを作っておけばもっとラクです。

色は赤・黄・緑を入れる

食材の色ですが、赤・黄・緑を入れるというのを決めておくと、見た目も栄養もバランスがよくなります。
赤い食材はプチトマト、人参などの野菜やソーセージ、ベーコン、ハムなどのタンパク質。
黄色の食材は私の場合卵一択です。でも目玉焼きやスクランブルエッグなどにして調理法は気分で変えてます。
緑の食材はきゅうりやブロッコリーとかのサラダですね。きゅうりなら切るだけ。ブロッコリーも冷凍食品で売ってるので、それをレンジでチンして解凍したものを食べたりしてます。

ワンプレートで収まる量を盛り付ける

私の場合はいつもパン食なのですが、ワンプレートで盛り付けられる量にしてます。お皿を何枚も使うと準備も後片づけも大変だし、最適な量が分かりづらくなるので、必ず1枚のプレートに乗るだけの量にしています。この量が腹八分目になってちょうどいいです。

朝ごはんでも今日は忙しいからパンだけ、休みはゆっくりできるからしっかりと食べる、みたいに食べる量を変えると、それだけで一日のリズムが変わってきてしまうので、毎朝同じ量の朝ごはん(私にはワンプレートがちょうどいい)を食べてリズムを作ると毎朝続けられると思います。

食器にこだわる

たかが食器と思うかもしれませんが、気に入った食器を使うと作るモチベーションが上がります。あと食器は白以外のを何色か持っていると、(この食材の時はこの色のプレート使おう)とか(今日は赤い食材があまりないから赤いプレート使おう)とか、お皿の色で見た目を補うこともできるので、食器にこだわると食事の準備も楽しくなってきます。

以上、私の朝ごはんを続けるコツ3つです。これなら手間暇かけなくても毎朝続けられると思います。それでは。

 

スポンサーリンク