バランス良い朝ごはんの作り方

スポンサーリンク

151006こんにちは。今日の朝ごはんです。
今日はイングリッシュマフィン、目玉焼き、ベーコン、コールスローサラダ、プチトマト、シリアル入りヨーグルト、コーヒーというラインナップ。

昨日のオープンサンドがプレーンなタイプに変わっただけですね。

朝ごはんメニューの決め方

さて、毎朝食べる朝ごはんですが、どんな風にメニューを決めているのか。そんなに変わらないですが、なんとなく自分で決めてるポイントがあるので書いていきたいと思います。

カラー別で食材をグループ化する

食べる物を赤色、黄色、緑色、白色の4色に分けて、その色に当てはまる食材をグループ分けします。

主食 主菜 副菜
赤色 ソーセージ、ハム、ベーコン プチトマト、人参
黄色 卵(目玉焼き、スクランブルエッグ、ゆで卵) とうもろこし
緑色 ブロッコリー、きゅうり、レタス、キャベツ、いんげん
白色 食パン、ベーグルなどパン全般

主食、主菜、副菜は厳密には考えてないですけど、こんな感じで色別にだいたい分けておいて、全部の色の食材が揃うようにしています。黄色の食材が卵かとうもろこししかないですが、パプリカとかでもいいんじゃないでしょうか。ただパプリカは高いので私が食べないだけで。そうすると見た目にも栄養バランスも良い感じになります。

毎日食べる固定メニューを決める

毎日必ず食べる固定メニューも決めてしまいます。私の場合はシリアル入りヨーグルトなんですけど、例えば寝坊して時間がなく、(朝ごはんを準備する暇がない!)って時には固定のメニューだけを必ず食べるようにしています。

ヨーグルトにはいつもシリアルを入れて食べてるので、なんとなく1食分は持ちそうな気がしますし。シリアルだけしか食べない時は、いつもよりも量を増やしますけど。

息抜きする時の朝ごはんメニューを決める

そうは言っても毎日は難しかったりするので、この規則にとらわれない、食べたい物を食べる朝ごはんの日もあったりします。仕事に行ってたときは主に週末にその様にしてたのですが、例えばフレンチトーストの朝ごはんだったり、ホットケーキの朝ごはんだったり。

私は甘い物が好きなので、こういう炭水化物で糖分だけ!っていう朝ごはんも大好きです。こういうご褒美的な朝ごはんもあると、メリハリが効いてて朝ごはん作りも楽しくなりますね。

ホットケーキは冷凍出来るので、作る時はまとめてたくさん作って冷凍保存しておきます。そうしたら休みの朝ゆっくりしててもすぐに食べられますよ。

こんな感じですが私の朝ごはんの作り方です。ご参考になれば。

スポンサーリンク