舞茸をサラダにした朝ごはん

スポンサーリンク

151119_1こんにちは。今日の朝ごはんです。
今日はトースト、目玉焼き、鶏ハム、舞茸とキャベツのサラダ、プチトマトというラインナップ。トーストは8枚切りのものしかなかったので、ちょっと物足りなくなってしまいました。

少し前に塩麹で漬けて作った鶏ハムが美味しかったので、また作ってみました。今度は塩麹とハーブを使ったハーブ鶏ハム。

151119_2

作り方は以前と同じで、皮を剥いだ鶏胸肉に塩麹とプラスでハーブを擦り込んで、ラップに包んで冷蔵庫に一昼夜置いておきます。

その後、漬けておいた塩麹を取って再度ラップでキャンディーの形になるように包み直して、それをジップロックに入れ(ここでしっかり空気を抜いて封をします)、沸騰したお湯の中に入れて、しばし茹でてから火を止めた鍋の中でお湯が冷めるまで置いておきます。そしたら完成です。

ハーブを使ったので、ハーブの香りが付いてこれはまた美味しい。使ったハーブはこちら。

このハーブが家に余ってましたので使いました。本当は魚料理に向いてるハーブなんですが、これでも十分美味しくなりました。

もうひとつ、舞茸とキャベツのサラダはレンジでチンしただけで簡単にできるサラダです。

作り方は、舞茸とキャベツをそれぞれレンジで加熱して、ボールの中に中華だし(小さじ2)、オリーブオイル(小さじ1)、お酢(小さじ1)胡椒(適量)を入れて、その中に加熱した舞茸とキャベツを入れて和えるだけです。

冷やした方が美味しいですけど、冷やさなくても大丈夫。あといり卵を加えて食べても美味しいかも。

舞茸はサラダに使いましたが、肉料理をする時に舞茸と一緒にお肉を漬けておくと、固いお肉が柔らかくなるみたいですよ。
参考【まいたけの効能】まいたけの成分で茶碗蒸しが固まらず、安いお肉が柔らかくなる実験!

安いお肉を美味しく食べる時に、舞茸も合わせて料理するといいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク