トマトジャムで不思議な味の朝ごはん

スポンサーリンク

151126_1

こんにちは。今日の朝ごはんです。
今日はトースト、目玉焼き、ベーコン、きゅうり、プチトマトというラインナップ。トーストの上にはジャムを2種類乗せてますが、ひとつは自分で作った柿ジャムで、もうひとつはトマトのジャムです。

151126_2

アップでも。今日は目玉焼きが綺麗に焼けたのでうれしい。

トマトジャムは貰い物なんですが、初めて食べました。トマトが甘い?ってのがどうも想像できなくてどんな味なんだろうと恐る恐る食べてみましたが、ほのかに甘いトマトケチャップみたいな感じ。…ちょっと苦手な味でした。

トマトの栄養

トマトは栄養がありますよね。どんな栄養素があるのかよく分かっていなかったので改めて調べてみました。

トマトに含まれているβ‐カロテンは体内でビタミンAに変換されることによって、皮膚や粘膜の保護や強化に利用されます。

カロテンというと美肌効果が知られていますが、喉や鼻などウィルスの侵入口となる部分を丈夫にすることで風邪やインフルエンザなどにもかかりにくくなると考えられています。

トマトの栄養素で特出しているのがリコピン。
リコピンはトマトの赤い色の元となっている色素成分でカロテノイドの一種ですが、一説によるとβ-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍とも言われる強い抗酸化作用があり、活性酸素を取り除くことや老化防止や血液サラサラ効果、がんの予防などが期待されている成分です。

血液サラサラ効果から血行が促進されることによる代謝向上に加え、リコピンは脂肪燃焼向上などによるダイエット効果や美白・コラーゲン生成促進などの美肌効果など美容面にも有用な働きが報告されています。

参考トマトの効果

トマトと言えばリコピン。ていうのは良く聞きますね。リコピンは老化防止やガン予防が期待できる野菜なら、ちょうど私なんか年齢的にいいんじゃないでしょうかね。

あと、ダイエットや美白効果もあるなんて、すごいなトマト。

加熱しても栄養素が損なわれないリコピン

毎朝プチトマトを食べてますが、このトマトジャムみたいに加熱したら栄養素はどうなるのか。リコピンは加熱することによって吸収率が3倍にもアップするそうです。

生の野菜は体を冷やす効果もあるので、冷え性の人はあまり食べすぎるとよくないですが、こういったジャムやトマトスープにして加熱して食べるのも良い方法ですね。

ただビタミンCは加熱すると減ってしまうので、ビタミンCを取りたいなら別の方法で摂取した方がよさそうです。

トマトは美容と健康にもってこいな食材なので、私も欠かさず食べていきたいと思います。あとちょっと苦手な味のトマトジャムの良い使い道を考えたいと思います。

生で食べるだけでなく、トマトを使った料理法をいろいろ覚えたいです。

スポンサーリンク