自己都合でも会社都合で辞められるかも。退職前の下準備は大事。

スポンサーリンク

jimu
私が会社を辞める時は早期退職に応募したので会社都合として退職しました。
会社都合で辞めると自己都合よりも色々と優遇措置があります。

会社都合と自己都合では退職後の措置がかなり違う

一番変わってくるのはやはり失業手当です。辞める前は優遇措置がある事は知ってましたがどんな内容なのかは具体的に知らなくて、実際経験してみるとかなり恩恵受けてるなと思います。

失業手当の場合

在職中に雇用保険に入ってた事が前提ですが(普通の企業だったら大抵入ってると思います)

まず自己都合で辞めた時
加入期間 10年未満 10年以上20年未満 20年以上
給付日数 90日 120日 150日

ちなみに自己都合では1年以上雇用保険に加入してないと失業保険はもらえません。あと実際に受給するまでに3ヶ月の待機期間があります。

会社都合で辞めた場合
加入期間/
退職時の年齢
1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満 90日 90日 120日 180日
30歳以上
35歳未満
90日 90日 180日 210日 240日
35歳以上
45歳未満
90日 90日 180日 240日 270日
45歳以上
60歳未満
90日 180日 240日 270日 330日
60歳以上 90日 150日 180日 210日 240日

会社都合だと半年以上雇用保険に加入してれば対象になります。あと加入期間の区切りも細くなって、年齢別で給付日数も変わってきます。

45歳から60歳までの年齢の人が一番日数が多くなってるのは、その年齢で新たな仕事探しが難しいのと、一番お金を必要とする年齢だからなんでしょうね。

そして会社都合の場合は待機期間がないので、最短で7日経てばすぐに失業保険がもらえます。

私の場合だと19年働いて退職時の年齢は41歳だったので、

自己都合で辞めた場合は120日だったのですが、会社都合で退職したので240日の給付期間になってます。

倍の日数なんですよね。この差はかなり大きいですよ。そして会社都合で退職した人には、個別延長給付という措置もあります。

個別延長給付とは

これはですね、簡単に言いますと、「失業保険が切れてもある条件をクリアしてれば受給期間を延長しますよ」という制度。ものすごくおおざっぱに言ってしまいましたけど。

これは自己都合で退職した人は対象になりません。私は失業手当貰ってる人は全員対象になる制度だと思ってたんですけど、同じ職業訓練を受けている自己都合退職した人は、そんな話聞いてないよって言ってたので後で知りました。

条件というのは私が説明するより icon-arrow-circle-o-right これを見てもらった方が早いと思いますけど、真っ当な求職活動をしていて、なおかつ規定回数以上の求人の応募履歴がないとダメという。

私の場合は受給期間が240日なので、8回以上の応募がないと対象になりません。今の所6回応募実績があります。あと1ヶ月で失業手当の給付が終わってしまうので、次の認定日までにあと2回の応募が必要になってきます。

それが認められたら60日延長して失業手当がもらえます。そうすると合わせて300日の給付日数になるのです。

ハローワークがそんなの簡単に認めるの?とか思われますよね。でも私が行っている所のハローワークの職員さんはとても親身に接してくれる人が多くて、私が職業訓練の相談(職業訓練を受けていると月に1回指定された日にハローワークに行かなきゃいけない)した時に、

「失業保険もうすぐ切れるけど応募回数足らないし、個別延長給付は無理かな…って」

とぽろっと言ったら

「利用出来る制度はどんどん利用しなきゃ!何でもいいから履歴書送って実績作れば大丈夫だから!」

と、割とぶっちゃけた回答頂きました。意外とフランクな対応なのね。

あとは健康保険は退職すると国民健康保険に切り替える必要があるんですが、今まで会社と折半で支払ってた保険料が、自分ひとりでの負担になるので、保険料が一気に上がります。

基本的に前年度の所得によって保険料が決まるのですが、会社都合退職だとこの保険料も減免措置がありまして、所得を30/100として保険料を計算してくれるんですよ。

ちなみに私はこの保険料の減免措置を利用してまして、金額は会社で働いてた時よりも安いです。

こんな感じでいろいろと優遇して頂いてます。ありがたいです。

自己都合でも会社都合の退職に出来る場合がある

今会社を辞めたくて(自分が辞めたいと思ってるだけだから会社都合にはできないよな…)って思っている人、

理由が理由なら自分の意思で辞めても会社都合として扱ってもらえる場合もありますよ!

会社都合に出来る事例はここで見るのがわかりやすいかと思います。
icon-arrow-circle-o-right 自己都合退職だと思っていたけど、本当は会社都合退職に出来る5つのケース。ご紹介します。-Spotlight

あとは勤務先が移転して通勤するのが困難になったという場合も認められるみたいですね。

辞める時に自己都合として辞めた場合でも、ハローワークに相談して認められれば会社都合として扱ってもらえるので、もしいまの職場環境が悪くて(残業が多いとか)辞めたいって思ってる人は一度ハローワークに相談してみるのも手かもしれません。

辞める時に円満に辞めたいから会社に会社都合で辞めさせて欲しいなんて言えない…っていう場合でも、自己都合退職した後にハローワークの職員さんに言えば会社都合として処理してもらえますよ。ただその場合は自分でちゃんと証拠を残しておかないといけないので、(残業過多だったらタイムカードの控えとか)勤務記録はきちんと残しておいた方が良いです。

実際聞いた話ですが、自己都合で退職して離職票には〈自己都合〉と記載されていたけど、ハローワークで残業が多かったから辞めたんで会社都合の退職にして下さいって言ったら通った方がいました。

次の転職に失敗しないためには

辞めたとしても、また次同じような職場環境だったら転職する意味ないですよね。でも会社って実際入ってみないと分からない部分が多いと思います。

会社に入る前になるべく評判を知りたいって場合、実際働いていた社員さんの口コミが見れる求人サイトがあります。

kyarikone

icon-arrow-circle-o-right 10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス
こちらの転職サービス。実際その職場で働いてた人の口コミが載ってます。この口コミも細く分かれていまして、

「企業の口コミ」
「年収・給与明細の口コミ」
「残業・休日出勤の口コミ」
「転職面接の口コミ」

と4つの項目に分類されています。転職面接の口コミなんかは質問された内容だとか、面接の時の雰囲気だとか、実際に経験された内容が書かれているのですごく参考になりますね。

この口コミはこのサービスに実際登録しないと書き込めないので(登録するには自分の個人情報から現在のキャリアまで事細かに入力する必要があります)、内容の信憑性は高いです。

よくある2chの口コミだと嘘も書かれてたりしますからね。

まだすぐ転職するつもりはなくても登録する事はできますので、先を見据えて情報収集しておくのも良いと思いますよ。私みたいに辞めてから(どうしよう!?)ってなると結構大変だと思いますし。

最初の登録が項目が多くて面倒だと思いますけど、見て損はないと思います。


10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

スポンサーリンク