改めて考える一人暮らしの防災対策

スポンサーリンク

熊本での地震、日が経つにつれて被害状況が分かってきましたね。

避難生活を強いられてる方も沢山いらっしゃいます。私の知り合いや身内で熊本に住んでる人はいないので特に動揺とかはないですが、東日本大震災の復興がまだ完全ではない中大きな地震が再び起こった事は、日本に住んでる限り人ごとではないなと思います。

特に愛知県は東海大地震が起こると言われてもう何十年も経ってます。確か私が小学生の頃から言われてて、避難訓練もかなりしっかりやってましたから。愛知県でもいつ起こってもおかしくない。

一人暮らしだからこそ防災対策は必要

一人暮らしだと災害時にも自分の身は自分で守らなきゃいけないので、私も家に防災グッズは準備しています。

また改めてちゃんと対策をしておかなければいけないなと思います。私のしている防災対策をここで書いておきたいと思います。多少なりとも参考になれば幸いです。

自分の部屋は高いところに荷物を置かない。

基本ですけど、高いところに荷物を置かないようにしています。基本的に自分の身長より低い位置です。

あとベッドの枕元周りには家具は置いてないです。

テレビやパソコンは離れた位置に置いてますので、揺れても頭の上に落ちてくるなんてことはないと思います。

住んでる地域のハザードマップを確認しておく

災害が起きて自宅に居られなくなった時にどこに避難したらいいのか念頭に置いていた方が良いと思います。その為にはハザードマップを確認しておくのも大切です。

私の場合は名古屋市ですが、名古屋市のHPにはそれぞれの災害に対してのハザードマップがPDFデータでアップしてあるので、ダウンロードしてプリントアウトして普段持ってる手帳や財布に挟んでおくのも良いですね。

仕事していて災害にあった場合の徒歩帰宅支援マップもあるので、こちらも要確認ですね。市のHPってほとんど見た事ないと思いますけど、役立つ情報も載ってますので見て損はないと思います。

参考名古屋市:あなたの街の地震ハザードマップ

参考名古屋市:徒歩帰宅支援マップ

自分用の防災グッズを用意しておく。

いちおう避難袋を備えてます。けどよくある「防災セット」はいかにも!って感じで好きではないし、いらないのも入ってたりするので自分オリジナル避難袋を作りました。

バッグ

これは自分好みのバックパックを使用してます。沢山の荷物を背負うために作られてるアウトドアブランドのバッグが見た目もカッコいいし一石二鳥かなと。

容量は小さすぎず自分が難なく背負える量という事で35L〜40Lぐらいがいいかなと。私はAconcaguaの35Lを使ってます。山登り用だから背負いやすいのとレインカバーも付いてるから雨降った時でも安心。

非常時用ラジオ

これは親から貰ったものなんですがそのままバッグに入れてます。電池じゃなくてハンドル回して充電できるタイプ。

衛生用品

汚れって一番気になりますよね。災害にあった時は水が使えないからなおさら。なので水が使えなくても綺麗にできるもの、もしくは予防できるものを入れてます。

マスク・ウェットティッシュ・タオル・除菌スプレー・ポケットティッシュ・手袋・絆創膏などなど。※追記)非常用トイレも忘れちゃいけなかった。

髪が汚れない様に帽子もあった方がいいかなと思って帽子も入れてます。あとは水無しで使えるシャンプーとかも常備しておいた方が良いと思います。着替えなども気休め程度に入れてます。

メガネ

私はメガネ無しでは生きていけないので予備のメガネを入れてます。メガネはいくつか持ってるので普段使いしなくなった古いものを度数を調整してしまってあります。

雨具

災害が起こる時はどんな天気かわからないので雨具も入れてます。傘は意味ないのでカッパですね。なるべく手が塞がらない状態にしておくのが大事かなと。

ビニール袋・ビニールシート

あったらとりあえず役立つかなと。

非常食

こちらも気休め程度ですが入れてます。アルファ米がかさばらないので5つくらい入れてますね。

あとは市販のカロリーメイトより保存期間が長い非常食用カロリーメイトとか。

水に関しては普段買い置きしてるんで改めて非常袋に入れておかなくても良いかなと思って1本くらいしか入れてないです。

これもちゃんとチェックしないと消費期限がすぎちゃうから、普段から使うものを多めに部屋に置いておけば良いかなと思って水はいつも箱買いしてます。

私の部屋は1Kなのに玄関横にちょっとした倉庫スペースがあるので大変助かってます。

普段使いのバックには貴重品を

非常袋に入れてるのはこれくらいで、モバイルバッテリーや手帳や筆記具、財布など普段から使うものは普段使いのバッグに入れてそちらも非常時にはちゃんと持ち出す用として考えてます。

モバイルバッテリーは大容量のが必須ですね。

私は東日本大震災の時にちょうど大阪に出張していて、その日は上りの電車が全て運行停止になったんですが、そういった状況が出先だと全くわからずスマホでの情報収集やホテル手配がかなり役立ちましたから。

今では1週間ほどバッテリーが持つタイプもあるみたいなので、2つくらい持ってても良いかもしれない。

あとモバイルバッテリーもソーラー充電タイプがありますので、災害時用にひとつカバンに入れておくと安心かも。ただソーラーバッテリーは太陽光のみで充電するのはかなり時間がかかるみたいなので、本当の緊急時のみの予備用という形ですね。

最後に

一人暮らしは気軽ですけど、こういった災害の時には助け合う人がいません。自分の事は自分で守れる様に最低限の事はしておかないといけないなと改めて気を引き締めた次第です。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ちょうど、今、モバイルバッテリーを探してた所です。
    私は関西から愛知に引っ越してきたものなのですが、関西にいた頃より地震に敏感に反応するようになったかもしれません・・
    私も防災グッズはリュックに入れているのですがそれがちょっと小さいんで、新しいリュックを買おうか考えているところです。登山用のリュック良いですね!

    • 大容量のモバイルバッテリーは1台持ってるんですが、
      スマホの充電ってあっという間になくなるから、複数台持ちしてても
      いいんじゃないかなって思ってます。
      愛知県は特に地震には神経質な地域ですね。
      でも東海圏を外すように大きな地震がきてるので後から大きなのが
      くるんじゃないかと思って不安になります。

      アウトドアブランドの品は外で持ち運びするために作られてるので
      防災用に向いてますよ!他のグッズ見てても参考になって面白いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です