備蓄食の缶入りソフトパンは本当に3年経っても柔らかいのか食べてみた

スポンサーリンク

この間、一人暮らしの防災対策で防災グッズの事について書きましたが、

改めて考える一人暮らしの防災対策

2016.04.17

ちょうどその時に中身の確認も改めてしてまして、賞味期限が今月までのものがありました。

bchikupan_1

こちらの缶入りソフトパン。いちおう保存期間は3年間です。缶に3年間入ったまま保存されていてもふんわり柔らかなパンってのが特徴。

本当にふかふかで柔らかいの?と思ったので、せっかくなので食べてみる事にしました。

備蓄食用なので災害用伝言ダイヤルの番号が書いてある

bichikupan_2

これは食べようと思ってバッグから取り出した時に初めて気づいたんですけど、缶のパッケージに災害用伝言ダイヤルの使い方が記載されてます。

非常時にメールや電話を使うと回線がパンクしてしまうので、こういう方法で連絡した方が良いとは知ってますが、常にメモを持ち歩いてる訳ではないので、すぐにやり方を忘れてしまうんですよね。

パッケージに記載されてれば非常食は非常用のバッグに入ってるので、メモがなくても大丈夫ですね。こういう小さな事でも大事ですね。

プルトップで開けやすい缶

bichikupan_3

缶を開けてみたところ。プルトップ式なので缶切りがなくてもすぐ開けられます。それとあまり力を入れずともすぐに開きました。

普通の缶のプルトップって固くて開けづらかったりするのがあったりしますが、開けやすさもちゃんと考慮してつくられてるんでしょうか。

そしてパンはこういう感じで薄い紙に包まれてます。

食べてみた感想

bichikupan_4

全部取り出してお皿に乗せてみた所。形は缶に入ってたから細長いけど、丸く作られたパンって言えば非常食だとは思わない見た目です。

柔らかいかどうか半分に割ってみました。

bichikupan_5

3年でもこんなに保てるのか!って思えるほど普通に売られてるパンと変わらず柔らかかった!

食べてみましたが、味は普通の菓子パンです。水飲みながらじゃないと食べられない様なボソボソした感じもなく、普通に美味しく食べられました。

ただ贅沢は言えないですけど、パンはそれぞれ味がありますが(ストロベリー味・ブドウ味・オレンジ味の3種類)、その味がいかにも加工品っぽい味します。昔の駄菓子っぽいというか。

なので懐かしい味とも言えますが、ちょっとこの味苦手かもって思う人もいるかもしれないです。

他にも缶入り非常食用パンが売っていた

パンは好きだし、開けてすぐ食べられるから非常時用 にもあった方がいいけど味がなーと思ってたら、デニッシュ食パンで有名なボローニャから保存食用の缶入りパンを発売してました。

こちらも3年間保存できます。そして味はプレーン・チョコ・メープルと普通においしそう。

そしてハローキティとコラボしたタイプもあるみたい。小さいお子さんが家庭にいる場合は、こういった子どもがちょっとでも喜びそうな非常食を揃えておくのもいいかもしれませんね。

備えておくのもなんでも言い訳じゃなく少しでもいい気分になれるものがいいです。人間の一番の欲求を満たす食べ物ならなおさら。でもこういうのは非常時に開ける事なく、普通に食べられる時が来て欲しいなと思います。

スポンサーリンク