私が朝ごはん写真を撮る時のプロセスを全部公開するよ

スポンサーリンク

こんにちは。最近特にネタがないので、ここで私がいつもブログに載せてる写真をどうやって撮ってるのか。

簡単にですがその方法を載せたいと思います。わりとざっくりしてますがご参考になれば幸いです。

使用カメラ

使ってるカメラは一眼レフカメラです。PENTAXなんですけど私が今使ってるのはもう販売してないので、現行で一番近いモデルは多分これかな。

安すぎず高すぎずの中級くらいのモデル。

他のメーカーだったらキャノンかニコンがオススメです。

やっぱり使ってる人が多いメーカーの方が何かと安心。あともっといい上級カメラもありますが、私は室内で料理写真を撮ることが殆どなので、そこまでの高性能なのは必要ないと思ってます。

使用レンズ

使ってるレンズはレンズキットのものではなく、単焦点レンズを使ってます。

こちらのレンズ。レンズキットのレンズではなく単焦点レンズを使うのは、明るさです。F値があるんですけど、このF値の数字が低ければ光を取り込んで明るい写真が撮れます。あと背景ぼかしたちょっとお洒落な感じの写真が撮れます。

近づいてアップの写真を撮りたい場合

ただこの単焦点レンズはアップの写真が撮れません。ズームできないので。

151219_2

だったらこういう写真どうやって撮ってるの?と思われると思います。アップで撮りたい場合は

こちらのクローズアップレンズフィルターをつけて撮影してます。要は虫眼鏡的な役割をしてくれるレンズ。このレンズフィルターをレンズにつけると近づいて撮影できます。

写真の撮り方

そして写真の撮り方ですが、私のいつもの朝ごはんの写真の撮り方はまず必ず三脚を使います。

photobk

こんな感じでセッティング。手で持って構えるのもいんですが、室内で撮る時は手ぶれすることが多いんですよね。ブレた写真は台無しなんで、基本三脚使用です。

三脚もそんなに高くないし、折りたためるのでしまう時はコンパクトになるし、1台持ってると便利ですよ。

カメラの設定

そしてカメラ側の設定ですが

記録形式:JPEG
絞り優先自動露出
F値:3.5〜4.5
ISO感度:400
明るさ補正:+1
ホワイトバランス:AUTO(青側に色補正)

という設定です。基本的に自然光で撮影しますが私の部屋が暗めなので、なるべく光を取り込めてなおかつピントが合う設定だとこんな感じ。

F値はその時の天気で部屋の明るさが変わるので都度変えてます。

ホワイトバランスは後で画像を補正するのでAUTOにしてます。そのAUTOでも青系と赤系どちらかに色を寄せられるので、私は青系統に色を合わせてます。

それはカメラによって設定の仕方が変わってくると思います。

画像の補正

何枚か写真を撮ったら画像の補正をします。撮った写真をそのまま載せることはしません。

そして補正仕方ですが、私はブラウザはGoogleChromeを使ってるんですけど、ChromeのアプリにPolarr Photo Editor 3というのがありまして、それを使ってます。

polarr

Chromeウェブストア←ここで探してみてください。

そしてこのアプリを使って色補正していきます。

p1

写真を取り込みます。

p2

写真が傾いてたので角度を少し調整して、余白をトリミングします。

p3

写真の色がちょっとくすみ気味だったので、色温度を赤色側に調整。

p4

パキッとした写真が好みなので、画像にシャープをかけます。

p5

もうちょっと鮮やかさが欲しいかなと思ったので、彩度を少しプラスします。

p6

写真をもうちょっと明るくしたかったので、トーンカーブを上げて明るくします。

これで画像サイズを幅1000pxに設定して保存します。

補正画像の出来上がり

photo2

こちらが補正前の写真。あとでトリミングする前提なので、いつも余白多めに撮影してます。

icon-arrow-down


photo1

そしてこちらが補正後の写真。もうちょっと赤みを強めにした方がよかったかなと後で思いました。

最後に

基本的に色補正ありきで撮ってます。撮る時は明るさと手ぶれしないことを注意するくらいかな。あとピント合わせ。たまに変なところにピントがあったりするので、それを注意して撮ればそれなりの写真が撮れるかなと思います。

あと補正の仕方は何度も試して好みの色味を見つけるのが大事ですね。失敗しても何度もやり直せるので。

こんな感じで私の写真撮影の仕方でした。ご参考になれば。ではでは。

スポンサーリンク