40代・独身・無職って実際のところどんな風に生活してるの?

スポンサーリンク

こんにちは。
もうすぐで無職生活も8ヶ月になろうとしてます。この調子じゃあっという間に一年経ちそうな気配。今のところ再就職先も決まっておりません。そんな私。一般的な単語でカテゴライズすると

40代・独身・無職

っていうものすごく負け組感溢れるキーワードが揃いますね。ちょっと人生捨ててる感が出ますね。

そして実際のところどうなの?って思う人もいると思います。

40代 独身 無職の見られ方

この単語からイメージされる世間での見られ方は多分こうなのかなーっていうのを自分なりにあげてみます。

40代=若くない
独身=パートナーがいない
無職=お金がない

無い無いづくし。若さが無いので周りからチヤホヤされる事もないですし、独身で一人暮らしなので、しんどい時に助けてくれる人もいませんし、無職だから収入もありませんしね。

書いてたら結構可哀想な人に見えてきた。人として何か問題があるんじゃないかと思われてしまいますね。私も実際そう見られてるんでしょうけど。

実際どんな感じなの?

そしてそんな人って実際どうなの?って思うでしょうね。毎日人生悲観して過ごしてるのかとか、家に引きこもってたりするのかとか?

実際はですね、悲壮感もなく毎日楽しく過ごしてますよ。

今は職業訓練に通ってるので、学生みたいに毎日授業受けて、同じクラスの子とはたまに学校帰りに飲みに行ったりとかして(ここが学生の時とは違いますね)、休日は予定がなければ家で料理したりとか、コンサートにも行ったりしますし。

何もする事がなくダラダラしてるなんて事はあまりないです。そして社会人の時より充実してます。逆に仕事してた時の方が毎日時間や締め切りに追われてて悲壮感漂ってましたね。辞める前にはちょっと鬱っぽくもなりましたし。

一人暮らしってのも、いつも誰かと一緒にいたいタイプなら別ですけど、私はどちらかというと人に会うのは時々で良くて普段は一人でいる方が好きだし気楽だと思うタイプなので、1日誰とも話す機会がなくとも全く苦になりませんね。

そしてお金ですけど今のところは失業保険も貰ってるし、それなりの蓄えもあるので今すぐ困る訳ではないし。

世間一般の「普通」からはみ出てるけど

この年代の女性なら仕事してなくても結婚してて子供がいるか、共働きで働いてるか、それか結婚してなくてもキャリアウーマンとしてバリバリ働いてるか。

私の場合はいわゆる世間一般の「普通」から外れてます。でも普通って何なの?ってのも思ったりします。

そりゃこんな生活してるのは少数だろうけど、普通じゃないからって不幸せかって言ったら全然そんなことない。

この先いい仕事が見つからなかったらどうしようとかも考えますよ。でも不幸ではないです。

今職業訓練に行ってて、そこに来てる人たちは年齢も性別もさまざまで共通してるのは「無職」ってことだけなんですけど、来てる人たちからは無職からの引け目?というか悲壮感は感じませんね。

やりたい・やりたくないを意識した結果

以前の生活は「普通」のカテゴリーに入ってたと思います。収入だって同世代男性の平均年収と同じくらい貰ってたので、かなり恵まれてた方だと思うし。

でも充実してたかというとそうでもなかったです。殆ど仕事するために生きてるみたいな感じだった。それでバランスを崩してしまった。

以前の私は仕事辞めたら人生終わるくらいに考えてましたから、辛くてもそれこそ心無くして仕事してました。普通の人生から外れるのが怖かったんですね。

でもそうも言ってられない状態になってしまったのと、早期退職の募集のタイミングもあって思い切って辞めて無職になってみたんですが、想像してたのとは違って人生そう簡単に終わらなかったです。

むしろ穏やかに過ごせてるし、この状態の生活が自分にとって違和感ない気がします。

世間の普通に囚われてたから自分の状態が見えなくなってたんですね。今なら普通って何なの?別に大した事ないじゃんって言えると思います。

幸せの基準が他の大多数の人とはちょっと違っただけだった。違うからって悲観する必要もないんだって思いました。

まだ仕事は決まってないし先行きだけ見たら安定はしてませんけど、逆に将来が見えないから何にでもチャレンジできるかもってワクワクもしてます。

若くはないから今更やりたくない事はしたくない。やりたい事だけして生きていきたい。その為の努力は怠らずにしてかないとなとは思ってます。

それでも無謀な生き方に見えるかもしれないですけどね。周りの意見に振り回されるのはもったいないと思いますよ。

っていう独り言でした。

難しく考えなくてもいいんじゃない?って思える本

猫に癒される。

スポンサーリンク